レーダー/ドライブレコーダー



ドライブレコーダーとは車の運転をしていると、ハッとして急ハンドル操作をしたり、急ブレーキを踏んだという経験をお持ちのドライバーは少なくないはずです。
このような操作を行うと、車には通常の運転では掛かりにくい衝撃(G)が加わります。
その衝撃を感知し、前後の映像を残してくれるのがドライブレコーダーの役割です。
また、万一起きてしまった事故の映像を残すことで、目撃者がいない場合や、当事者の意見の相違に、第3の目撃者として力を発揮します。
その時の信号機は何色だったか、一時停止を行ったかなどの情報を後からパソコン・テレビモニターなどで確認することが可能となります。
フォーカセイバーは衝撃によるトリガ撮影だけでなく、常時録画機能を搭載しています。
小さな衝撃でトリガ撮影が困難な場合でも、連続撮影に設定することで更に確実な映像を残すことも可能です。
別売オプションのGPSユニットを接続すれば、これらの情報に加えGoogleMapに走行軌跡を表示させることもでき、より詳細な証拠につなげる事もできます。
ドライブレコーダーを装着することで、映像を残すという目的だけではなく、ドライバーの安全運転に対する意識向上も期待できます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

7